沖縄桜祭り2024いつまで?ライトアップが楽しめる名所は?

イベント
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

年間を通して温暖な気候が続く沖縄では、1月半ば頃から桜が開花し、1月下旬から2月にかけて日本で一番早く桜まつりが開催されます。今回は沖縄で楽しめる桜まつり2024年の情報をまとめてみました。

本土で“桜”と言えば薄いピンクの花が咲くソメイヨシノが主流ですが、沖縄では濃いピンクのグラデーションが特徴的なカンヒザクラ(寒緋桜。別名ヒカンザクラ)が主流となってます。

沖縄の桜前線は北から南に南下していくのが特徴で、例年1月半ば~2月上旬に開花し、県北部から日本一早い桜まつりがスタートしていきます!

本州のソメイヨシノはヒラヒラ舞い散るけれど、沖縄の寒緋桜はガクごとポトッと落ちるのが特徴的ですよ〜。可愛らしい✨

スポンサーリンク

沖縄桜祭り2024名所・いつからいつまで?入場料金は?

第46回 もとぶ八重岳桜まつり

沖縄県北部に連なる八重岳は、例年最も早く桜が開花するスポット。約7,000本ものカンヒザクラが立ち並び、お散歩やドライブをしながら桜の並木道を楽しむことができます。
1月20日、21日にはステージイベントが予定されており、期間中の土日には、八重岳の各所で屋台が出店されます。
広場には遊具もあるので、ファミリーで訪れるのにオススメのお花見スポットです。

期間2024年1月20日(土)~2月4日(日) 入場料無料

・八重岳(八重岳桜の森公園)
〒905-0222 沖縄県国頭郡本部町並里921
電話番号本部町企画商工観光課:0980-47-2700
駐車場・備考無料 500台

入場料も無料!遊具もあり、広い公園となると、子連れには楽しいスポットですね!

第17回 今帰仁グスク桜まつり

世界遺産・今帰仁城跡でも桜まつりが開催されます。

2024年はオープニングセレモニーから始まり、大道芸やウチナーフラ体験、猿回しなどさまざまなイベントが予定されており、敷地内ではマルシェも開催。毎年お多くの人で賑わう、観光客にも人気のお花見スポットです。夜にはライトアップが行われ、昼間とはガラッと変わった幻想的な雰囲気の夜桜を楽しむことができます。

期間2024年1月20日(土)~1月28日(日)点灯時間18:00~21:00

入場料:大人 600円 中高生 450円 小学生以下無料

・今帰仁城跡
〒905-0428 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
お問い合わせ先
・今帰仁グスク桜まつり実行委員会
電話:0980-56-1057(平日8:30-17:30)
・桜まつり期間中
今帰仁村グスク交流センター
電話:0980-56-4400(平日17:30-21:00/土日8:00-21:00)

駐車場案内
世界遺産 今帰仁城跡駐車場 P1/P2/P3/P4 約300台

臨時駐車場(土日のみ)
・北山病院駐車場(MAP
・今泊グラウンド(MAP)
・今帰仁村立兼次小学校運動場(MAP)

※臨時駐車場から会場まで無料シャトルバス運行あり

第46回もとぶ八重岳桜まつり⇆今帰仁グスク桜まつりを結ぶシャトルバス運行

【詳細】
■運行期間:2024年1月20日(日)-2月4日(日)16日間毎日運行※今帰仁グスク桜まつりは1月28日(日)で終了
■運行ルート
・本部町発:本部町観光協会前かりゆし市場発→世界遺産今帰仁城跡
・今帰仁村発:世界遺産今帰仁城跡→本部町観光協会前かりゆし市場発

■利用料金:片道おひとり様 500円
■チケット販売場所:本部町観光協会/今帰仁村グスク交流センター

桜まつり期間中駐車場が大変混み合うみたいです!
ご来場の際は公共交通機関利用をご検討した方が良いと思われます。

イベント盛りだくさんで楽しそう!猿回しが気になるところ。。。

第61回 名護さくら祭り

名護では名護城公園(なんぐすくこうえん)を中心に、毎年1月の最終土日に桜まつりが行われます。市内の子どもたちによるブラスバンドパレードや仮装行列、ステージイベントなどさまざまな催し物も予定されており、桜の開花を街全体でにぎやかに盛り上げます。

開催期間中、市街地は歩行者天国(11:00~20:30)になり、名護の町並みと桜並木の中ゆったりとお散歩を楽しむこともできます。

期間:2024年1月27日(土)~1月28日(日)  入園料:無料

・名護城公園

〒905-0012 沖縄県名護市名護5511

さくら祭り開催場所:主な会場 名護城公園、お祭り広場特設ステージ(さくら公園)、名護十字路大通り

駐車場:名護漁港(予定)

歩行者天国になるとは✨ゆっくり祭りを楽しめますね!

第17回 やえせ桜まつり

八重瀬公園で行われる桜まつりは、ステージイベントなどは行われませんが、桜並木の中ゆったりとお花見散歩を楽しみたい方にピッタリのスポット。頂上では足湯に浸かることもでき、疲れた身体を癒やしながら八重瀬町を一望することができます。
夜には町内の子供たちが作った行灯が照らされるなど、ライトアップも行われます。夜桜とイルミネーションを楽しみたい方におすすめです。ふれあい動物園予定(日曜日のみ)

期間:2024年1月22日(月)~2月4日(日)点灯時間18:00~20:00  入園料:無料

・八重瀬公園

〒901-0402 沖縄県島尻郡八重瀬町富盛

お問い合わせ:(一社)八重瀬町観光物産協会 098-998-3300

ライトアップがあるのは楽しみですね!日曜予定のふれあい動物園も気になるところ!

那覇美らさくらまつり(2024開催日未定)

那覇市と豊見城市に挟まれた沖縄本島唯一の湖、漫湖公園でも桜まつりが開催されます。
ステージではエイサー演舞やカチャーシー大会など多くのイベントが行われ、屋台も立ち並び、にぎやかな雰囲気でのお花見散歩が楽しめます。

子供たちが描いた絵の展示なども行われ、遊具もあることから地元の子供たちにも人気のスポット。ファミリーにもオススメです。

※2024年の開催については現時点では未発表となっています(2024年1月5日現在)。開催期間※昨年は2023年2月18日(土)~2月19日(日)に開催 入園料無料

・漫湖公園

〒900-0024 沖縄県那覇市古波蔵3丁目23-1

エイサーやカチャーシー大会などのイベントもあり、観光客でも楽しめそうですね!

なはさくらまつり(2024開催日未定)

那覇空港から15分のところにある与儀公園で行われる「なはさくらまつり」。園内には400本のカンヒザクラが立ち並び、沖縄の春を気軽に楽しめるスポットとして人気です。

例年さくらまつり開催期間中は、園芸相談やフラダンスのステージなど様々なイベントや、出店の屋台も立ち並び、子供から大人まで多くの人が訪れるお花見スポットになります。

※2024年の開催については現時点では未発表となっています(2024年1月5日現在)。開催期間※昨年は2023年2月18日(土)~2月19日(日)に開催 入園料無料

・与儀公園

〒902-0064 沖縄県那覇市寄宮1丁目1-11

空港から近く、観光の一つとして立ち寄るのも良いですよね!

ヤシの木と桜のコラボが見れるのいいですね⭐︎

沖縄桜祭り2024ライトアップされる名所は?

今帰仁グスク桜まつり

開催期間:2024年1月20日(土)~1月28日(日) 

点灯時間:18:00~21:00

入場料:大人 600円 中高生 450円 小学生以下無料

同城跡内には約230本の寒緋桜(カンヒザクラ)が植樹され、沖縄県内有数のカンヒザクラの名所として知られており、世界遺産の今帰仁城とのライトアップコラボは圧巻です!

世界遺産のライトアップとか美しすぎる!

やえせ桜まつり

開催期間:2024年1月22日(月)~2月4日(日)

点灯時間:18:00~20:00 入園料:無料

町内の子どもたちがデザインした行灯(あんどん)が足 元を照らし、頂上には、町花であるマリーゴールドに彩ら れたハートのオブジェや町魚のトビウオのレリーフ、光のト ンネルが色とりどりに光輝いています。 頂上からは、足湯につかりながら八重瀬町も一望でき、 桜・イルミネーションを楽しむことができます。

足湯しながらの夜景、最高ですね!

まとめ

・第46回 もとぶ八重岳桜まつり:2024年1月20日(土)~2月4日(日)

・第17回 今帰仁グスク桜まつり:2024年1月20日(土)~1月28日(日)

・第61回 名護さくら祭り:2024年1月27日(土)~1月28日(日) 

・第17回 やえせ桜まつり:2024年1月22日(月)~2月4日(日)

・那覇美らさくらまつり:未定

・なはさくらまつり:未定

ライトアップ名所は、今帰仁グスク桜まつり、やえせ桜まつり✨

宮古島では2024年1月5日にいち早く桜の開花が宣言され、平年より12日も早い開花となりました。まだまだ肌寒い日が続きますが、例年より早めに桜が見られそうですね!日中天気が良いと暖かいのですが山の方は寒いと思われるので、脱ぎ着で調整できるような格好でお出かけするのをお勧めします!

イベント
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
ゆるたま

コメント

タイトルとURLをコピーしました